噛み合わせ治療とは

噛み合わせ治療は、咀嚼(そしゃく)の左右のバランスと整えるための治療です。噛み合わせが悪いことで、口内の問題(虫歯・歯周病)だけでなく、体の様々な部分に問題がでてきます。

歯

噛み合わせが悪いとどうなるの?

噛み合わせがいいか悪いか…ご自分ではなかなか判断できないのではないでしょうか?しかし症状から考えるとどうでしょう?思い当たることは多いのではないですか?噛み合わせが悪いと下記のような症状が出ることがあります。

  • ちゃんと歯磨きしているのに虫歯や歯周病になる
  • 歯ぎしりがある
  • 眼鏡やサングラスをかけると少し斜めになっている(耳の高さが左右対称でない)
  • 片頭痛がある
  • 顔の輪郭にゆがみがある
  • 顎の関節が時々「ポキポキ」と音を立てる
  • 肩こりや頭痛持ちである
  • 眠りが浅く、不眠症気味である
  • めまい・耳鳴りなど原因不明の症状があり「自律神経のバランスが悪い」と言われる

まだまだこれだけではありません。噛み合わせの悪さで様々な症状が出るのです。

噛み合わせ治療は保険適用でできる?

噛み合わせ治療は一部保険適用で行えるものがあります。例えば、プレート(スプリント)治療と呼ばれる、マウスピースのようなものを一定期間装着するような治療法です。装着している間は症状が軽減される効果が期待できますが、結局それに合わせて歯の高さを合わせる治療を検討しなければならず、患者様にとってあまりいい治療法とは言えません。

本当の意味で「改善」を目指す治療は、歯科矯正やインプラント同様自由診療になります。

噛み合わせ治療の流れ

噛み合わせ治療は虫歯と違い、見てすぐに「悪いところ」が分かるわけではありません。多くの検査を行いながら、原因と特定していきます。

(1)カウンセリング・問診

世界共通の問診票をもとに、患者様の状態をしっかりヒアリングしていきます。この時に、噛み合わせが原因かも知れない…と感じる症状はすべてお話しましょう。

カウンセリング

リラックスして気になることをお話しできる歯科を選んだ方が治療の近道です。

(2)写真撮影

顔の歪みなどを把握し、治療前・治療後の差を記録するためにお顔・口の中などの写真を撮影します。

写真撮影

様々な角度から写真を撮影していきます。

(3)噛み合わせの検査

専用の機械を使って、噛み合わせの検査を行っていきます。状態はすぐにスクリーンに映し出されて医師と一緒に確認できます。

噛み合わせ検査

専用の機械を使った噛み合わせ状態の可視化を行います。

(4)CTスキャン

顎の骨や神経などを3DでCT撮影していきます。外からは確認できない顎の骨や関節の状態をしっかり把握できます。

歯科専用のCTでスキャン、すぐにスクリーンで状態を確認できます。

(5)触診

噛み合わせに関係している筋肉の状態を専門の医師が確認していきます。

触診

頬の筋肉だけでなく、口の中や肩など噛み合わせに関係する分はずべてチェックします。

おおむねこのような初診からの治療になりますが、専門で噛み合わせ治療を行っている医院でないとここまで詳しく原因追究はできません。重い症状でお悩みの方は、噛み合わせが得意な医師のいるクリニックを探しましょう。

治療費について

噛み合わせ治療は、検査項目の多さや治療法によって大きく差が出てきます。自由診療で料金も不明なクリニックも多く心配だと思います。気軽にお電話でご相談するか、ホームページに料金が分かりやす載っているクリニックを選んでいきましょう。

リビングデンタルケアの噛み合わせ治療費はこちらでご覧になれます。

 

  • 運営者


    歯科医師:山内浩司
    経歴:
    1963昭和38年 大阪生まれ
    4歳までアメリカミシガン州グランドラピッズ
    祐天寺幼稚園卒園
    中目黒小学校卒業
    目黒区立第二中学校卒業
    私立芝学園高等学校卒業
    バブル時代はトラック運転手
    日本大学松戸歯学部卒業
    歯科医師免許取得
    所属:
    東京都歯科医師会 日本インプラント学会や顎咬合学会、再生医療学会 等 IKB, GPbrothers、フローラルインプラントチーム 等
PAGE TOP ↑