入れ歯とインプラントの比較

インプラントは、アバットメント(支台部)とインプラント体(歯根部)の二つに分けられます。 構造上の特長であるこの上に上部構造補綴物(人工歯)を被せます。

インプラント

インプラントは顎の骨に歯根部となる金属(チタン)を埋め込み、その上に人工歯を被せます。インプラントと顎の骨がしっかり結合すれば、その上に安 定した人工歯を被せることができます。このようにして天然歯のような審美性と、これまでの入れ歯やブリッジでは難しかった自分の歯のように噛めるという機 能性が回復します。

インプラントのアバットメント(支台部)を埋め込むのに、1日で済む、簡単な手術が必要になります。その後、インプラント体が骨に定着するのを4ヶ月~半年待って、人工の歯(歯冠)をつけます。

インプラントは入れ歯やブリッジと比べて、本物の歯に感触が一番近くて、入れ歯やブリッジとの比較の中では一番よい治療方法だと思われます。下記の比較表を参考にしてください。

インプラント・ブリッジ・入れ歯 比較表

インプラント・ブリッジ・入れ歯それぞれに、メリット・デメリットがあります。以下の表にまとめていますので、ご参考にしてください。

インプラント ブリッジ 入れ歯
インプラント ブリッジ 入れ歯
保険適用 なし あり あり
メリット ・自分の歯と同じような感覚で噛むことができる。

・天然歯自分の歯と同じようにきれいで美しい。

・周りの歯を傷つけない。残った歯への影響が少ないため自分の歯を多く残せる。 顎の骨がやせるのを防げる効果がある。

・固定式なのであまり違和感がない。

・セラミックを使えば天然歯のようにきれい。

・治療が短期間。

・比較的治療が簡単で短期間。

・通常の入れ歯の材質・方法なら治療費が安い。

デメリット ・1日の簡単な手術が必要。

・比較したとき治療費が高い。

・骨への定着期間を入れると治療期間が長い。

・両隣の健康な歯を削らなければならない。発音に問題が発生する場合あり

・支えになる歯に大きな力の負担がかかる。抜けた歯の骨が痩せる場合がある。

・ブリッジと歯肉との間に食べ物のカスがつまり、口の中が不衛生になりやすい。

・噛み心地が悪く、硬いものを食べにくい場合が多い。

・食べ物が入れ歯に挟まって口の中が不衛生になりやすい。

・ガタつきがあり違和感を感じる。顎の骨が痩せる場合が多い。

・留め金が見えて見た目がよくない。

インプラント・ブリッジ・入れ歯、どの治療にするか?

さて、3通りの歯科治療方法の中で、どの治療法を選択するか?
これについては、お口の中の状況や、今後の希望によってまったく違ってきます。
人それぞれに向き不向きがありますので、お気軽にご相談ください。

  • 運営者


    歯科医師:山内浩司
    経歴:
    1963昭和38年 大阪生まれ
    4歳までアメリカミシガン州グランドラピッズ
    祐天寺幼稚園卒園
    中目黒小学校卒業
    目黒区立第二中学校卒業
    私立芝学園高等学校卒業
    バブル時代はトラック運転手
    日本大学松戸歯学部卒業
    歯科医師免許取得
    所属:
    東京都歯科医師会 日本インプラント学会や顎咬合学会、再生医療学会 等 IKB, GPbrothers、フローラルインプラントチーム 等
PAGE TOP ↑