入れ歯の基礎知識

こちらのページでは、入れ歯とは何か、どのような種類があるのか…そして入れ歯を選択するメリットなどを詳しく解説していきます。入れ歯にすべきか、インプラントにすべきかお悩みの方もぜひお読みください。

入れ歯

入れ歯とは

入れ歯とは失った歯を補うための義歯の一つで、インプラントと大きく違うのは顎の骨にフィクスチャーと呼ばれるネジのようなものを入れるか入れないかになります。多くはレンジと呼ばれるピンク色の樹脂が歯茎とくっつくようになっており、多くの違和感を感じることがデメリットです。

入れ歯の種類

入れ歯は大きく分けると総入れ歯(総義歯)と部分入れ歯に分かれます。

名称 イメージ 特徴とシーン
総入れ歯 総入れ歯 すべての歯が抜けてしまった状態(もしくは、残った少数の歯を抜いてしまう)で使用する全体の入れ歯。保険適用のものは1万円から作ることが可能ですが、歯茎と接着する部分「床(しょう)」がプラスチック製なので大きな違和感を感じます。違和感の少ない樹脂や金属を使ったものは高額になります。毎日の洗浄など清潔に保つ必要があります。
部分入れ歯 部分入れ歯 抜けてしまった歯の部分に入れる一部分の入れ歯。残っている歯に連結する止め金(リンガルバー)が支える歯に負担をかけてしまうことがデメリットです。保険適用の場合は止め金は金属になりますが、シリコン製など目立たないタイプの部分入れ歯もあります。

総入れ歯にも種類がある

総入れ歯も多くの種類があります。

金属床義歯(入れ歯)
床の部分が金属でできています。レジン(樹脂)だけだと薄くしづらいのですが、一部金属を使うことで薄くし装着時の違和感を低くしたり、食べ物の熱が歯茎に伝わりやすくしてより味わって食べることが可能になります。
レジン床義歯(入れ歯)
一般的な入れ歯になります。金属と違って素材の強度から薄くすることが難しく、装着に違和感を感じるのがデメリットです。また、金属より摩耗も心配で殺菌に気を使う必要があります。
新素材樹脂(第三世代)の義歯(入れ歯)
シリコンなど第三世代と呼ばれる新しい樹脂を使った総入れ歯。装着時の違和感を下げつつ、やわらかく接着しやすいメリットなどがあります。

入れ歯のメリット・デメリット

失った歯を補うときに「入れ歯を選択する」場合、インプラントなど他の治療法と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのか気になりますよね。難しい言葉を使わず、分かりやすくまとめました。

メリット

顎の骨の状態にかかわらず装着できる
意外と知られていないことなのですが…歯が抜けてしまうと顎の骨は3ヶ月ほどで一気に減って痩せてしまいます。顎の骨は歯が生えていてそれを支えるために丈夫であろうとするんですね。つまり歯が抜けて時間が経ってしまうと、減ってしまった骨を増やすような施術をしてからのインプラント手術になる場合もあります。入れ歯の場合はそのような心配はありません。
手術の必要がない
インプラント手術は簡単な手術ではありますが、それでも部分麻酔が必要な「外科手術」になります。何らかの疾病をお持ちで麻酔が使えない方は手術を受けることができません。
治療完了までが短い
入れ歯の場合は顎の骨の形をとって、入れ歯を作ってしまえば治療は完了です。インプラントの場合数ヶ月かかるので、早く治療を終わらせたい方にはいいでしょう。

デメリット

装着の違和感
インプラントは本来の歯に近い感覚ですが、入れ歯は大きな違和感があります。慣れるまで時間がかかります。
歯が抜けた部分の骨がどんどん減ってしまう
歯が抜けてすぐインプラントを入れることができれば、少し食い止められる顎の骨の減り…。抜いて置いておくとどんどん減って陥没していきます。
お手入れが面倒
細かい部分に雑菌が増えると口臭や歯周病の原因になるので、毎日洗浄してきれいに保つ必要があります。
部分入れ歯の場合、残った歯の虫歯リスクが高くなる
止め金と接する、残った歯は虫歯になるリスクが高くなりますし、負担がかかります。部分入れ歯はデメリットが多く、インプラントの方が圧倒的にいいと言えるでしょう。

入れ歯かインプラントか迷ったら・・・

入れ歯にすべきかインプラントにすべきか迷ったら、必ずインプラントに詳しい専門医に相談しましょう。予算のこともありますが、残っている歯が多ければ多いほどインプラントの方がメリットが多いのです。しかし、骨が減ってしまった状態では、「インプラントはできない」と言われることも多いでしょう。腕がいい医師でしかできないインプラント手術もあります。

また、入れ歯を選択した方がいい場合でも、噛み合わせがとても重要になります。噛み合わせ治療や審美歯科、総合治療ができる歯科を選びましょう。

  • 運営者


    歯科医師:山内浩司
    経歴:
    1963昭和38年 大阪生まれ
    4歳までアメリカミシガン州グランドラピッズ
    祐天寺幼稚園卒園
    中目黒小学校卒業
    目黒区立第二中学校卒業
    私立芝学園高等学校卒業
    バブル時代はトラック運転手
    日本大学松戸歯学部卒業
    歯科医師免許取得
    所属:
    東京都歯科医師会 日本インプラント学会や顎咬合学会、再生医療学会 等 IKB, GPbrothers、フローラルインプラントチーム 等
PAGE TOP ↑