入れ歯の値段ってどれくらい?用意すべき費用をまとめました

公開日: 

失った歯の治療で「入れ歯」をお考えの方、値段はどれくらいなのか気になるところではないでしょうか?実は治療費は保険適用かそうではないかで大きな差があります。用意すべき費用を分かりやすくまとめました。

入れ歯

入れ歯には「総入れ歯」と「部分入れ歯」がある

入れ歯と一言に言っても、「総入れ歯」と「部分入れ歯」があり価格も大きく変わってきます。失った歯の本数が少ない場合は部分入れ歯になり、ほとんどの歯を失ってしまえば総入れ歯になります。このページでは、この2つを分けて考えて解説していきます。

総入れ歯の値段(参考費用)一覧

総入れ歯は、全ての歯がない状態で顎の骨全体にフィットさせる入れ歯です。歯の部分の素材や骨と接する部分の素材で価格に大きな差が出てきます。

総入れ歯の名前 保険適用 価格参考 特徴
スルフォンデンチャー 10,000円前後 保険適用の安価な入れ歯。顎の骨と接する部分はレジンと呼ばれる樹脂。装着で違和感が多い。
トルティッシュプレート × 30万円弱 金属プレートに細かい穴が開いたメッシュ状態で、食べ物の熱や風味が顎に伝わるいい入れ歯です。
コバルトクロムプレート × 20万円前後 プレートの部分がコバルト。金属プレートの中では比較的安いもの。
チタンプレート × 30万~35万円程度 プレートの部分がチタン。アレルギーも起こしにくく、強度も高いので薄く作ることができ装着の違和感は比較的少ない。
ゴールドプレート × 50万~80万円 高価な金をプレートに使った高級入れ歯。腐食に強く体にもやさしい入れ歯です。
その他シリコンなど × 15万~20万円程度 第三世代の入れ歯。フィット感がよく、値段も比較的安い。ただし、金属より菌が付着しやすいのでお手入れをしっかりする必要がある。

保険適用の治療でよければ、1万円+治療費で済みます。しかし保険適用の入れ歯は装着した際の違和感も強く、食事による温かさや風味が損なわれるので、保険適用ではない入れ歯を選ぶ方も多くいらっしゃいます。もし、お金に余裕があるなら、顎の骨と接する部分にシリコン素材を使った第三世代の入れ歯もおすすめです。

部分入れ歯の値段(参考費用)一覧

部分入れ歯はなくなった歯の本数でも大きく価格に差がでますが、下記が概ねの参考価格になります。費用を準備される際の参考にお使いください。

部分入れ歯の名前 保険適用 価格参考(1本あたり) 特徴
クラスプ(止め金)が金属のもの 10,000円~ 保険適用の部分入れ歯はこれだけになります。金属の部分が残った歯にかかるので、見た目が美しくありません。
ホワイトクラスプ × 20,000円~ 残った歯にかかる止め金部分が「ホワイト」=白になるもの。材質はプラスチックです。
スマイルデンチャー × 10万~20万円 クラスプと呼ばれる残った歯にかける止め金がないタイプ。審美性が高いのですが、残った歯が少ない場合は選ぶことができません。
コーヌス・テレスコープ × 20万~30万円 残った歯に金属をかぶせるタイプで、ブリッジのような感じになります。
ソフトアタッチメント × 50,000円~ クラスプと呼ばれる止め金がないタイプで、ソフトな樹脂が顎の骨と接する部分になります。
バルプラスト × 10万円~ 金属を使わず、顎の骨と接する部分にナイロン素材を使ったもの。軽くてやわらかいのが特徴です。

比較的樹脂で作っているものは保険適用外でも安いです。部分入れ歯は残った歯に負担をかける仕様のものも多いので、少し高くなっても「いいもの」を選んだ方がいいですね。

どこの歯科でも、さまざまな種類の入れ歯の取り扱いがあるので医師に相談してみましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 運営者


    歯科医師:山内浩司
    経歴:
    1963昭和38年 大阪生まれ
    4歳までアメリカミシガン州グランドラピッズ
    祐天寺幼稚園卒園
    中目黒小学校卒業
    目黒区立第二中学校卒業
    私立芝学園高等学校卒業
    バブル時代はトラック運転手
    日本大学松戸歯学部卒業
    歯科医師免許取得
    所属:
    東京都歯科医師会 日本インプラント学会や顎咬合学会、再生医療学会 等 IKB, GPbrothers、フローラルインプラントチーム 等
PAGE TOP ↑