インプラント治療は痛いか

公開日: 

インプラント歯科治療のあとには、必ず患者さまから声をお聞きしていますが、ほとんどインプラント治療は、痛くない、とおっしゃい、手術の最中だけではなくインプラント治療後も、あまり痛くなかった、とのお声を戴いています。
まれに痛みが出た方でも、遅くても2~3日で快方に向かいます。

歯が痛い

痛み以外でもインプラント治療では、腫れるのも気になるところですが、やはり腫れない、あまり腫れなかった、とおっしゃる患者さまが殆どです。
もし腫れが出ても、外からは判らないくらいの軽い腫れ、または、長い人でも1週間くらいで引いているのが実際です。

けれども多くのインプラント治療の中には、稀にお顔の表面に内出血による青味が出てしまうことがあります。これは、インプラント外科手術による出血が表情筋の表側を伝って下顎あたりに貯まるからです。しかしこれも1週間程度で消失します。

インプラント治療は、手術を伴う治療法です

手術を行うゆえに、初めてインプラント治療をお考えの方には、ご自分の健康や体力など、色々不安もあることでしょう。

しかしながら昔とは違って急速に発達した現在の歯科麻酔技術はほとんど痛くありません。インプラント手術の際、インプラント手術後も苦痛が少なくなってきました。これは歯科手術法が進歩してきている事と、インプラント治療の周辺機器が進歩してきているのが理由です。
インプラントの治療、歯科治療のご相談など、どうぞお気軽に当インプラントセンターにお越し下さい。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 運営者


    歯科医師:山内浩司
    経歴:
    1963昭和38年 大阪生まれ
    4歳までアメリカミシガン州グランドラピッズ
    祐天寺幼稚園卒園
    中目黒小学校卒業
    目黒区立第二中学校卒業
    私立芝学園高等学校卒業
    バブル時代はトラック運転手
    日本大学松戸歯学部卒業
    歯科医師免許取得
    所属:
    東京都歯科医師会 日本インプラント学会や顎咬合学会、再生医療学会 等 IKB, GPbrothers、フローラルインプラントチーム 等
PAGE TOP ↑