インプラントの寿命ってどれくらい?長持ちさせる方法とは

公開日: 

インプラントの寿命はどれくらいなのでしょうか?一般的には「永久」「半永久」と言われていますが、本当にそんなに長持ちするの?そんな素朴な疑問にお答えしていきます。

インプラント

インプラントのメーカー保証は10年程度

インプラントの歯の部分(義歯)は一部のメーカーでは10年保障を行っています。つまり、歯の部分はひび割れたりした場合、10年以内なら無償で新しいものに取り換えられる可能性もあるのです。インプラントのセラミックス部分は5年を経過してから徐々に劣化が始まります。丁寧に使っていれば10年、20年と長持ちしますが、噛み合わせが悪いと亀裂が入ってしまう…なんてアクシデントも。その場合はかぶせものをして補強を行うなどで対応してきます。

まだまだ歴史が浅いインプラント…。使用側の環境や、手術を行った医師の腕によって左右されるのではないでしょうか?噛み合わせをちゃんと見てインプラントを入れられる医師が手術していないと、片方だけに圧力がかかってインプラントにひび割れが?なんてこともありうるのです。

また、インプラントの保証があるかないかは、保証会社の認定基準に達している医院かどうかになります。
CTのない医院などでは保証できない場合が多いので、格安インプラントなどは要注意です。手術を行う前に必ず保証について確認しましょう。

基本的に寿命は「半永久」(永久ではありません)

インプラントの根っこになっているチタンは安心な素材なのでほぼ「永久」と考えていいと思います。しかし、歯の部分(セラミックス)は劣化の状態によってしまいます。ですので、インプラントの寿命は「半永久」と言っておきたいです。ちゃんとメンテナンスして、正しい状態で維持していれば、永久使えるかもしれない、というわけです。インプラントにした場合、歯周炎・歯周病のリスクが上がります。歯に痛みがない分、気づかれずに悪化してしまうことも・・・。そうならないために、定期的に状態をチェックしてもらうべきなのです。

インプラントの半年メンテナンスで寿命を伸ばそう

インプラントを選ぶほどの「虫歯」になってしまった…天然の歯が悪くなる環境ですので、メンテナンスは特に重要です。その他かみ合わせの改善などもインプラントの計画時に立案されるべき重要な事項です。
インプラントを用いて、歯のないところに歯を戻すにとどまらず、歯が悪くなる前の段階に立ち返る診断が必要と考えています。そのために 安易に歯を抜くことや、無計画にインプラント治療をする前に、歯周病細菌の特定、セファロ分析、顎機能検査とCT検査がマストになっていると考えます。
それでも私たちの身体の一部として一緒にインプラントも加齢するのであって、永久ではないと思います。

面倒な通院はイヤだ…そうお考えの方も多いと思いますが、定期検診は半年に1回。ちょっとサボったとしても、1年に1回はメンテナンスして寿命をできるだけ伸ばしましょう。何もインプラントをチェックするだけではありません。周辺の歯をキレイにお掃除し、歯周炎・歯周病のリスクを下げ、インプラントを守っていく。大切なメンテナンスです。

もし、インプラントの土台となっている歯茎が弱ってしまったら…インプラントを支えることができなくなってしまいます。寿命を長くするなら、健康な歯茎が必要なのです。

インプラントを長持ちさせるためには、定期的に検診を受けてくださいね。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 運営者


    歯科医師:山内浩司
    経歴:
    1963昭和38年 大阪生まれ
    4歳までアメリカミシガン州グランドラピッズ
    祐天寺幼稚園卒園
    中目黒小学校卒業
    目黒区立第二中学校卒業
    私立芝学園高等学校卒業
    バブル時代はトラック運転手
    日本大学松戸歯学部卒業
    歯科医師免許取得
    所属:
    東京都歯科医師会 日本インプラント学会や顎咬合学会、再生医療学会 等 IKB, GPbrothers、フローラルインプラントチーム 等
PAGE TOP ↑