総入れ歯なのですがインプラント手術では全身麻酔の必要性はないのですか

公開日: 

インプラント治療は歯科治療の中でも急速に発展してきた技術。ここでは総入れ歯なのですがインプラント手術では全身麻酔の必要性はないのですか?という質 問に解説します
歯

総入れ歯における、インプラント手術での全身麻酔の必要性

インプラント手術では総入れ歯でも全身麻酔の必要性はありません。
もし全身麻酔で手術することになれば術後に入院が必要な状況なのですが、しかしインプラントオペはたとえ本数が多くても局部麻酔で十分に利かせることが出 来るので全身麻酔は必要ありません。
インプラント手術では、静脈内鎮静法という半分眠った状態でオペを行うことも出来ます。術後1時間程度で麻酔から戻りますので階段や駅のホームで転倒する 事故などの可能性があり、できれば避けるべきです。
どうしてもこの方法を行いたいご希望の場合は付き添う人を術前から付けていただくことが必要です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 運営者


    歯科医師:山内浩司
    経歴:
    1963昭和38年 大阪生まれ
    4歳までアメリカミシガン州グランドラピッズ
    祐天寺幼稚園卒園
    中目黒小学校卒業
    目黒区立第二中学校卒業
    私立芝学園高等学校卒業
    バブル時代はトラック運転手
    日本大学松戸歯学部卒業
    歯科医師免許取得
    所属:
    東京都歯科医師会 日本インプラント学会や顎咬合学会、再生医療学会 等 IKB, GPbrothers、フローラルインプラントチーム 等
PAGE TOP ↑