骨が無くてもインプラントは出来ますか?

公開日: 

「骨が無くてもインプラントは出来ますか?」

私たちモンゴロイドには上顎臼歯部の歯根周辺まで上顎洞という副鼻腔が解剖学的に近接しており、インプラントを植立するこたとに充分な骨がないことが多くあります。

しかし最近では様々なアプローチにより、この様なケースの方々へもインプラントが歯科治療の選択肢となるようになりました。

以下に一例を載せてみますね。

ケースバイケースであるのは当然ですが、骨を造ってインプラントを可能に出来ることもあります。

レントゲン1 レントゲン2

上顎の奥歯、大臼歯部をインプラントして部分入れ歯を避けたいお考えですね。ところが上顎洞という副鼻腔の骨空洞が口腔領域近くにまであり、インプラントを維持するための充分な骨の量がありません。

こういう場合には上顎洞内に骨を造ってインプラントを保持してもらうようにすることが出来ます。

インプラントレントゲン2 インプラントレントゲン

サイナスリフト法という手術法で行なった術後のレントゲン写真です。デジタルCTで撮影していますので、インプラントフィクスチャー周囲360度に骨のような白い不透過像が確認できます。頬側の歯槽骨に開けた小窓から骨を造る操作が行なわれます。

歯茎を広げてみれる歯槽骨に小穴を開けさせていただきます。上顎洞底膜(シュナイダーメンブレン)を破かないように上方へ挙上します。

b846a517

出来た隙間に骨が出来るまでのスペースを取る血液や人工骨を充填します。インプラントフィクスチャーも同日に植立して差し上げられると、手術は1回で終了します。(サイナスリフト、インプラント植立1回法)

8a48bb83

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 運営者


    歯科医師:山内浩司
    経歴:
    1963昭和38年 大阪生まれ
    4歳までアメリカミシガン州グランドラピッズ
    祐天寺幼稚園卒園
    中目黒小学校卒業
    目黒区立第二中学校卒業
    私立芝学園高等学校卒業
    バブル時代はトラック運転手
    日本大学松戸歯学部卒業
    歯科医師免許取得
    所属:
    東京都歯科医師会 日本インプラント学会や顎咬合学会、再生医療学会 等 IKB, GPbrothers、フローラルインプラントチーム 等
PAGE TOP ↑