インプラントを抜歯後すぐにして仮歯が入る訳(抜歯即時インプラント)

公開日: 

インプラントをして、そのインプラントと骨が結合して噛む力を徐々に掛けていい時期はおよそ埋入植立後6週間といわれています。

今ではAll-on-4などのイミディエートローデイング(即時負荷)インプラントも行われていますが、これも植立直後は骨とインプラントが結合 (オステオインテグレート)しているわけではなく、長いインプラントフィクスチャーの骨との勘合力による初期固定を利用して固定式入れ歯を装着しているの です。この術式の絶対条件として、この手術直後の仮歯が外れることはあってはならないのです。もちろん壊れてもいけないのです。この仮歯が骨癒着までの6 週間を逆に固定してくれているのです。

さて、では2008年に行わせていただいた当院の1症例です。

初診時

初診レントゲン 初診時

ファーストインプラント

初めてのインプラント

抜歯⇒即時インプラント⇒即日仮歯(1日のミッション)

前歯のインプラント

セカンダリーインプラント

2回目のインプラント 2回目のインプラント2

抜歯即時インプラント即日仮歯1週間後

インプラント1週間後

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 運営者


    歯科医師:山内浩司
    経歴:
    1963昭和38年 大阪生まれ
    4歳までアメリカミシガン州グランドラピッズ
    祐天寺幼稚園卒園
    中目黒小学校卒業
    目黒区立第二中学校卒業
    私立芝学園高等学校卒業
    バブル時代はトラック運転手
    日本大学松戸歯学部卒業
    歯科医師免許取得
    所属:
    東京都歯科医師会 日本インプラント学会や顎咬合学会、再生医療学会 等 IKB, GPbrothers、フローラルインプラントチーム 等
PAGE TOP ↑