自分にあうインプラント歯科医院はどう選ぶ?

公開日: 

自分にあう歯科医院はどうやって選びますか?歯科医院を選ぶ際に考えて頂きたいことをお伝えいたします。

治療

自分にあうインプラント歯科医院の選び方について

現在の歯科医療は、多様な技術の発展を刻一刻遂げており、治療に関する考え方は歯科医師によって全く違うと言えます。

歯科治療には、一回の治療は一人の歯科医師から専門に、限定して治療を受るという事情もあります。
もちろん、特に不都合があれば歯科医師を替えることは禁止されていません。
歯科医師を変更するという選択肢もあるかもしれませんが、仮に、治療を受け直すことが、問題の解決に繋がれば良いのですが、実際は、やり直すたびに困ったことが増えることが多いのが、医療現場です。

したがって、最初の歯科医院選びは歯科医師選び、が最大のポイントであると言えましょう。
コミュニケーションをとり易い歯科医師、ご自分にあう歯科医師選びはこういった意味でとても大切です。
もちろん、インプラント歯科医療の技術と実績を持っているのが、最初の選択ポイントです。
同時に実際に治療に向かうためには、ご自分の気持ちを整理することから始めなければなりません。
今の治療方法には、対処方法が唯一つしか無いことケースは稀です。患者さんには多くの選択肢があり、それをいつでも自由に選択できるのです。

治療の前のカウンセリング・ヒアリングを試していただき、多くの選択肢の中から、ご自分の希望と考えが合う歯科医師かどうかを話し合いで確認されれば良いでしょう。

インプラント治療はどこで受けても同じ?

どこのデンタルクリニックでインプラント治療を受けても同じなのかどうか、実際のインプラント治療を例に説明します。

インプラントでは、同じ材料や道具を使った場合でも、患者さんの状況により、治療内容は異なってくるのです。そして結果も全く同じとは言い切れないのが実際なのです。 しかし重要な基本的事項を守った治療を行うという前提としたら、大きな違いは出ないはずでしょう。 では重要な基本的事項を守った治療内容とはどのような内容でしょうか。

これらインプラント治療に際しての重要な基本的事項を地道に守った場合に同じ結果を得られ、同時に患者さんからの信頼を得られているのが実際です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 運営者


    歯科医師:山内浩司
    経歴:
    1963昭和38年 大阪生まれ
    4歳までアメリカミシガン州グランドラピッズ
    祐天寺幼稚園卒園
    中目黒小学校卒業
    目黒区立第二中学校卒業
    私立芝学園高等学校卒業
    バブル時代はトラック運転手
    日本大学松戸歯学部卒業
    歯科医師免許取得
    所属:
    東京都歯科医師会 日本インプラント学会や顎咬合学会、再生医療学会 等 IKB, GPbrothers、フローラルインプラントチーム 等
PAGE TOP ↑