インプラントを埋めた同日に歯をつける

公開日: 

インプラントを埋めた同日にすぐ歯をつけることもできます。
インプラントの歯根(チタン)が骨に定着するまでも、仮歯を入れて生活に支障はないのです。普通に食事をすることが可能です。

インプラント手術前後

つい最近までは、インプラントを埋めたばかりの時はインプラントとその周囲の骨とがまだしっかりと付いていないために、絶対に力をかけていけないといわれていました。
そのために、以前まではインプラントを埋めた後は歯をつけずに、3ヶ月~半年間待たなければなりませんでした。

その期間中、仮歯である仮の入れ歯の使用に耐えなければ、なりませんでした。

インプラントを埋めた同日にすぐ歯をつける

最新の研究では正しく埋めこまれていれば、初めから充分に噛む力に耐えられることが分かりました。しかも、ある条件を満たせば、治療後は、力がかかったほうが骨の回復が早い、とも言われています。

この治療方法を採用するならば、一日で、噛めるところまでが終わります。
実際は、すぐに最終的な歯を入れられるケースは少なく、殆どは仮の歯を使います。

それでも、一日で噛むことのできる仮の歯が入りますので食事や見かけを気にせず、入れ歯の煩雑さに悩むこともありません。
最終的な歯を作るのは少し後になりますが、とりあえず仮歯とはいえども付いているのですから、ちっとも急ぐ必要はなくなり、安心して治療を進める事ができるようになりました。
ただ、この方法はどなたにも適応できるわけではありません。またできる場合でも、あまり手遅れになってからではできません。くわしくは専門家にご相談下さい。

抜歯とインプラント埋め込みと歯をつける事を全て一日で済ませる

インプラント治療の中で状態によっては、抜歯とインプラント埋め込みと歯をつける事を全て一日で済ませることもできます。
従来は、まず抜歯とインプラント埋め込み手術とを分けている方法で、2回麻酔をして、2回手術をし、2回薬を飲み、その都度、消毒したり経過を観察します。

その後、改めて手術をしてインプラントの蓋を外して土台を付け型を取って歯の冠を作っていました。それが全て一回で終ってしまえば快適で、余分な体への影響がなくなる分だけ安全であるともいえます。
しかし、すぐに最終的な歯を入れられる場合はとても少なく、殆どは仮の歯を使います。その場合は、後で型を取って最終的な歯を作らなければなりませんが、それでも、一日で歯が入りますので食事や見かけに困る事はなく、不必要な入れ歯に悩むこともありません。
誰でも可能であるわけでは有りませんので、当院をはじめ、インプラントの専門家にご相談下さい。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 運営者


    歯科医師:山内浩司
    経歴:
    1963昭和38年 大阪生まれ
    4歳までアメリカミシガン州グランドラピッズ
    祐天寺幼稚園卒園
    中目黒小学校卒業
    目黒区立第二中学校卒業
    私立芝学園高等学校卒業
    バブル時代はトラック運転手
    日本大学松戸歯学部卒業
    歯科医師免許取得
    所属:
    東京都歯科医師会 日本インプラント学会や顎咬合学会、再生医療学会 等 IKB, GPbrothers、フローラルインプラントチーム 等
PAGE TOP ↑