インプラント治療が一番良い方法?

公開日: 

顎の骨にチタンを埋め込む、インプラント治療、これが最善の方法なのでしょうか?インプラント治療をお考えの方はそう悩んでいらっしゃると思います。

インプラントのレントゲン

歯を失った場合は最善の方法ではないでしょうか?

インプラントの治療を含めて一通り、歯を失った後の歯科治療方法を説明しましたが、歯科治療方法おのおのには一長・一短があります。
インプラント治療にある、欠点を主に感じる方には、インプラントが完全では無いかもしれません。個人個人お一人のお考えと、その状況は異なりますので、専門家にご相談下さい。
最近の世界的なすう勢としては、歯科治療する側も、治療を受ける側も、歯を失った場合の選択肢のひとつ目としては、インプラント治療となっています。
最新技術を用いた最新歯科治療方法である、インプラントが最有力であることは、時代の流れとなっています。
私は今まで6500名あまりの方から感謝の声を頂きました。

インプラント治療のお話を聞きたい、インプラント以外の治療も知りたい、など歯科治療に関するご相談、診断や治療・アフターケアーはもちろん、歯科治療を迷われている方、治療の選択肢の考え方やセカンドオピニオンまで。
経験とインプラント専用設備で、幅広くお手伝いさせて頂きます。あなたのクオリティーオブライフ(QOL)の向上のため、どうぞお気軽にお電話ください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 運営者


    歯科医師:山内浩司
    経歴:
    1963昭和38年 大阪生まれ
    4歳までアメリカミシガン州グランドラピッズ
    祐天寺幼稚園卒園
    中目黒小学校卒業
    目黒区立第二中学校卒業
    私立芝学園高等学校卒業
    バブル時代はトラック運転手
    日本大学松戸歯学部卒業
    歯科医師免許取得
    所属:
    東京都歯科医師会 日本インプラント学会や顎咬合学会、再生医療学会 等 IKB, GPbrothers、フローラルインプラントチーム 等
PAGE TOP ↑