歯科セカンド・オピニオン

公開日: 

歯科セカンド・オピニオン制度とは、まずどこかの医院で診断を受けられた方が、治療方針などについて良く判らないとか、どんな選択をしたら良いか迷ってい たり困っている場合、違う別のセカンド・オピニオン制度を採用している病院や医院でお話を聞き、必要ならばお口の診察をした上で治療計画について相談する 医療の仕組みを言います。

カウンセリング

セカンドオピニオンは「相談」のみ

歯科セカンドオピニオンは、相談などを指しますので、治療は全く行いません。怖いことも痛いこともセカンドオピニオンでは全くありませんから、安心してな んでもお話ください。もしレントゲン写真や模型などの検査結果をお持ちであれば、それは大変参考になりますのでご持参ください。

歯科セカンド・オピニオン制度は、もともとアメリカなどで癌など大きな治療を受ける場合、治療方法の選択やどの病院のどの先生に治療を受けるべきかなどの 選択に迷ったときに、複数の専門家の意見を聞くことにより、最後に患者さんが納得して自由に選択決定できるように考え出された方法です。

どうしても受診者の方は専門的な知識に乏しく、また突然の病気や怪我などで初めての困難な事態に直面して、適切な治療方法や将来の見通しが良く判らず困惑してしまいます。
それでも目前の治療のため自らせかされる様に、充分な納得の得られないまま診療を受けてしまいがちです。
それで満足な結果が得られれば良いのですが、そうでない場合は取り返しのつかないこともあり深い後悔が残ってしまうことも少なくありません。

そこで、誰でも最も適切な治療が公平に受けられる様にこのセカンド・オピニオン制度ができました。またこの運動により、医療に関する情報公開が進み、不適 切な治療は排除され、優れた治療体制は更に進歩と普及が進んで、社会全体の医療の質の向上にも寄与して大きな満足と強い信頼関係が築かれるといわれていま す。
またそれに伴って、適切なカウンセリングなどの必要性もとても高まっています。
ガン以外にも今ではインプラントなどの治療の場合にも応用されています。

まだ日本では充分に実施体制が広がっていないのが現状ですが、リビングデンタルケアでは以前からインプラントに限らず歯科治療全般にセカンド・オピニオンを取り入れ、大勢の方が相談され納得してお帰りになっています。
セカンドオピニオンではその場での治療は決してせず、治療の勧誘なども、一切致しません。
どんな場合にも、必ず患者さんに適した治療方法はあるはずです。
必要時は病院などの紹介も致しております。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 運営者


    歯科医師:山内浩司
    経歴:
    1963昭和38年 大阪生まれ
    4歳までアメリカミシガン州グランドラピッズ
    祐天寺幼稚園卒園
    中目黒小学校卒業
    目黒区立第二中学校卒業
    私立芝学園高等学校卒業
    バブル時代はトラック運転手
    日本大学松戸歯学部卒業
    歯科医師免許取得
    所属:
    東京都歯科医師会 日本インプラント学会や顎咬合学会、再生医療学会 等 IKB, GPbrothers、フローラルインプラントチーム 等
PAGE TOP ↑