歯科治療のX線CT

公開日: 

安全なインプラント手術を行うには、歯科用CTは必須と言っても過言ではありません。それだけでなく、虫歯の原因や噛み合わせ治療にも大きな役割を担っているのがCTです。リビングデンタルケアでは、コーンビームCT撮影(1回で全額撮影可能です)、オルソパントモ法撮影、セファロ撮影、PA撮影、顎関節分割撮影、手根骨撮影がそれぞれ行える機種を導入しています。

CT

歯科用CTでより精密な診査診断

インプラントの手術前の診断だけでなく、顎関節や上顎洞を確認することによって噛み合わせの治療を行います。デジタルで撮影し、そのまま診察室へ画像データを転送し、診察室で確認することができます。

3Dビューによる的確な治療計画

インプラント治療を行う際には、歯の状態や骨の位置、神経の位置等、あごの解剖学的構造を把握しておく必要があります。従来のレントゲン撮影ですと、「お口の中」「歯」という立体的なものを、あくまで平面的に見る事しかできませんでした。 お口の中の状態を立体的に把握できる歯科用CTを導入しました。歯科用CTの撮影により、歯の状態や歯槽骨(あごの骨)とを、立体画像で確認することができ、従来より正確な診断が可能になりました。これにより、的確な治療計画をご提供することができます。

CT画像

従来のレントゲンと違い、顎全体を立体的に見ることができるので、歯を失った原因である虫歯の直接的な原因の解明もできるわけです。

マイクロスコープ(従来のレントゲン)

CTと全く違う役割を担う、マイクロスコープも導入しております。CTが顎全体を撮影するのに対し、マイクロスコープは狭く小さい場所をしっかり撮影します。この両方を見ることで、より最適な治療のご提案が可能となるのです。

マイクロスコープ

歯科用CTと従来のレントゲン写真の違い

従来のレントゲン写真ですと、お口の中の状態をあくまで平面でしか把握できませんでした。
歯科用CTはお口の中の状態を立体的に把握することができます。これにより、より的確な診断、診療が可能になります。
CTを院内に設置して早1年以上が経過しました。
無かったことが信じられないくらいCTには頼りっきり、今のインプラント治療には絶対に必要なものなのでしょうね。
実はたいへん高価な機器であるし、なくても安全に施せると思っていました。その当時でも10数年オルソパントモでインプラントを行なわせていただいておりました、そこそこ自信もあったんですね。
必要なときにはいわゆる外注で、患者さまには他の施設までCT撮影にご足労頂いていました。
でも違うんですよ、院内に有ると無いとでは。
撮りたいときに、撮らないと確認できないときに、術前術後はもちろんのこと、インプラント手術中にでも・・・
安全に!という言葉を持ち出すためには、術者の知識経験技術、そしてマテリアル。
そのマテリアルの中でも正確な診断という観点においては、歯科用デジタルCTの必要性は特筆ものであります。

CT撮影のメリット

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 運営者


    歯科医師:山内浩司
    経歴:
    1963昭和38年 大阪生まれ
    4歳までアメリカミシガン州グランドラピッズ
    祐天寺幼稚園卒園
    中目黒小学校卒業
    目黒区立第二中学校卒業
    私立芝学園高等学校卒業
    バブル時代はトラック運転手
    日本大学松戸歯学部卒業
    歯科医師免許取得
    所属:
    東京都歯科医師会 日本インプラント学会や顎咬合学会、再生医療学会 等 IKB, GPbrothers、フローラルインプラントチーム 等
PAGE TOP ↑